魔法のか・ん・た・んインテリア術 > vol.1 いろみずであそぼう

〜stylist・naocoさんが伝授〜 魔法のか・ん・た・んインテリア術

vol.1 いろみずであそぼう

ガラス瓶

使い終わった食品などのガラス瓶、どうしていますか?

外国のパッケージなどは、そのままつかってもオシャレなのですが
国産のものはどうしてもデザインがちょっ と残念なものが多く、処分してしまいがち・・・

外側のフィルムやラベルを外しても、透明なので、そのままでは素っ気なく、あまり美しくないし。

でも!
スーパーなどで簡単に手に入る市販の食紅をつかって
水を作るとカラフルなガラス瓶に変身。
赤・青・黄・緑を揃えると、だいたいの色は作ることができますよ。

お値段は、一個200円前後ですね。

ガラス瓶

万年筆用のインクなどでも代用できますが・・
やっぱり生き物のお花には可哀想。

小さい瓶を数種、お好きなトレイなどに
並べればすてきなコーナーの完成です。

驚くほどかんたんでしょ。

写真のように、瓶の高低差をつけたり、
同じカタチのものをたくさん並べても。
ポップで愛らしいフラワーアレンジを楽しんでくださいね。

いちど、お試しあれ〜

naoco

stylist 伊藤直子さん

伊藤直子
stylist

島根生まれ。京都嵯峨美術短期大学卒。
「株式会社大阪IDC写真センター」チーフスタイリストを経て独立。
百貨店や大手電気メーカー、住宅メーカーのスタイリングを幅広く手掛ける。