COOCAN人探訪 >第1回 株式会社 久宝金属製作所 代表取締役 川添光代さん

「モノ」と「ヒト」との素敵な関係を訪ねて COOCAN人探訪 クゥカンジンタンボウ

株式会社 久宝金属製作所/代表取締役 川添光代さん

第1回 株式会社 久宝金属製作所/代表取締役 川添光代さん”理想のモノづくりを目指して。日々、新しい自分に出会いたい”

大阪城の近く、大阪市城東区で金属加工の工場を経営されている
川添光代さん。
創業以来、下請け作業をしない事を信条に、
自社ブランドの製品を製造されています。
その数ある製品の中でも代表的なのが、「レールシェルフ」。
「お気に入りを飾る」がコンセプトのこの飾り棚は、
インテリア、デザインの分野で数々の賞(*)を受賞しています。
自身でユニバーサルデザインも学んだ川添さん。
「モノ」を通じて「ヒト」と繋がること。
それがものづくりの面白さとおっしゃいます。
社長業も、趣味にも、チャレンジを続ける川添さんに、
素敵な女性の生き方について、お聞きしました。

* 財団法人大阪デザインセンター「中小企業優秀賞」、
インテリアライフスタイル展2007
「JID Design Award(インテリアデザイナー協会賞)」

モノ作りで一番大切なものは、使う人に想いを馳せること。

愛される商品、選ばれる商品作りに、
作り手の姿勢として一番大切なものは?

■川添
世界的なデザイナー喜多俊之さんがセミナーでおっしゃった事をとても大切にしています。
それは「デザインとはカッコいい形を作る事ではない、
暮らしぶりの提案だ」という言葉です。
つまり、良いデザインはお客様の暮らしの夢に
寄り添うものだと思うのです。
お会いした事のないお客様の暮らしに思いを馳せ、
私達の製品との関係を想像し、
本当に良い物になっているかどうかを徹底的に考える事が
大切だと思っています。
例えば、高齢者や体の不自由な方の道具は
一般に軽いものが良いと思いがちですが、
物によっては、重い方が安定して使い易い場合もありますね。
既成概念にとらわれず、使う人が多様だと言う事を前提に、
自由にそして深く考える事。
それが製品に色々な気配りを備える事に繋がると思うのです。

ユニバーサルデザインもずいぶん
勉強されたとお聞きしましたが。

■川添
専務と二人でセミナーに参加しました。
そこで学んだのは、老若男女、体が不自由であるかないかに
かかわらず、どなたでも、すんなり、楽しく使えるものが
「ユニバーサルデザイン」であるということ。
でも、これは以前から私たちが目指してきたことなんですよね。
私たちが作るもの、製品はすべてこれからも、
「ユニバーサルデザイン」でありたいですね。

レールシェルフシリーズ

レールシェルフシリーズ:欲しいところに、自分で簡単につけられる。「見せる収納」がコンセプト。

そのスタイリッシュなスタイルからもモノづくりへのセンスが感じられる。

  • 1
  • 2

Recommended

魔法のか・ん・た・んインテリア術
2016.12
和紙の切り絵で
ランプシェード。