知っていますか? 還暦祝いの基礎知識 還暦の由来やお祝いマナーについて、役立つ知識をご紹介します。

還暦祝いとは?

還暦とは、満60歳(数え歳※では61歳)で生まれた年の干支(えと)を一巡して
自分の生まれた干支※に戻り、新たな歴を迎えるという意味から「還暦」と呼ばれました。

還暦を本卦帰り(ほんけがえり)ともいい、
「赤ちゃんに戻って生まれ直す」という意味合いを込めて、
家族などが赤いちゃんちゃんこや頭巾を贈ってお祝いをするようになりました。

還暦のお祝いは、食事会やパーティーなどを開いて行うことが一般的ですが、
最近ではプレゼントを渡すだけの簡素なお祝いや、家族旅行へ行くなど多様化しています。

※干支(えと)
旧暦で、十干(ジッカン)と十二支(ジュウニシ)を順次組み合せて
年月日などを示すために用いられたもの。
十干に対し、十二支の方が二項多いので、
両方の末尾が再び揃った最初の組合せに戻るのは「60年」になります。
※数え歳
生まれた時を「1歳」として毎年お正月を迎える毎に1歳加える年齢の数え方。

お祝いをする時期

お祝いの会は、誕生日の当日をはさんで1週間前後に行うことが一般的です。
贈り物は前日までに届けるか当日渡すようにしましょう。

お祝い品について

還暦のお祝いは、伝統的な赤いちゃんちゃんこや頭巾の贈り物以外に、
趣味のものや実用的なものなどを贈る場合も多いようです。

還暦のお祝いにふさわしくないもの

還暦のお祝いにふさわしくない物
あまりお年寄り扱いの贈り物にならないように
老眼鏡や補聴器などの「老い」を感じさせるもの、
「足で踏みつける」イメージがある靴下や靴は避けましょう。

また、「4(死)や9(苦)」など不吉なものを連想させる数や、「櫛(九四)」は、
縁起が悪いものとされます。

女性の方には、花を贈る場合も多いですが、
椿の花は首が落ちるように花が枯れるので避けましょう。

  • 老いを感じさせるもの
  • 靴・靴下
  • 櫛
  • 椿の花

閉じる