HOME > <錫光>ウィスキーカップ(ツチメ)

GIFT

  • 男性におすすめ
  • 女性におすすめ
  • 還暦を祝う
  • 春・夏ギフト
  • 秋・冬ギフト

SCENE

  • カラダが喜ぶ
  • 掬いやすい食器
  • 持ちやすい食器
  • 我家でくつろぐ
  • 縁起もいい逸品
  • インテリア としても映える
  • 素材にこだわり

PRICE

  • 〜1,999円
  • 2,000〜2,999円
  • 3,000〜4,999円
  • 5,000〜6,999円
  • 7,000〜9,999円
  • 10,000〜14,999円
  • 15,000〜19,999円
  • 20,000円〜

KITCHEN / TABLEWARE

  • カップ・グラス
  • 酒器
  • 皿・鉢・碗
  • 漆器
  • スプーン・フォーク・箸
  • ポット・ドリッパー
  • テーブルマット・コースター
  • トレイ
  • キッチンツール
  • キャップオープナー
  • エプロン
  • 収納・保存
  • 調味料入れ

LIVING / INTERIOR

  • テーブル・デスク
  • 椅子・スツール
  • ワゴン・歩行器
  • 靴べら
  • スリッパ・ルームシューズ
  • 枕・毛布
  • 座布団・うちわ
  • インテリアステッカー
  • グリーンインテリア
  • ティッシュケース
  • 脚立
  • 収納グッズ
  • ゴミ箱
  • 手元供養品

FASHION

  • バッグ・ケース・ポーチ
  • 財布
  • 帽子
  • 扇子
  • メガネ・ルーペ・老眼鏡
  • 靴・サンダル
  • ステッキ・傘
  • 靴下
  • ショルダーパッド
  • ストール
  • ルームウェア

HOBBY / GOODS

  • アロマ
  • 石鹸・洗剤
  • マッサージャー
  • 爪・踵やすり
  • 耳掻き・毛抜き
  • タオル・マット
  • 花器・植木鉢・水盤
  • ステーショナリー
  • はさみ・カッターナイフ
  • 書道具
  • 手づくりキット
  • カレンダー
  • ペット用品
  • 洋服ブラシ
  • 防犯グッズ
  • スマホ・タブレットグッズ
  • ウエストサポーター・腹巻き
  • バスグッズ
  • 朱印帖

錫光(すずこう)錫の酒器シリーズ

  • ぐい呑み3種
  • ウィスキーカップ(ツチメ)
  • sazanami酒器セット

買いたくなったら

錫が醸し出す柔らかくまろやかな味を、洋酒でも楽しむ。

専用巾着付き。持ち運べる、錫製マイカップです。

Point++ ダイヤ柄のツチメがシャープな印象です。

錫肌の模様を鎚(ツチ)と呼びます。
そのツチメが、ダイヤ柄のウィスキーカップ。
ストレートで飲むための容量40ccのカップです。
気持ち少しだけ口部分を
反らせたデザインはシャープな印象です。

Point++ バッグに入れたり持ち歩くために柔らかい錫を守る専用の巾着が付いています。

細身で掌にすっぽりと入る大きさです。
ウィスキーに限らず、
冷やの日本酒などにも使ってください。
持ち歩けるマイぐい呑みとしてぴったりです。

<< 前▲ページトップ次 >>

錫光は、轆轤(ろくろ)引きの伝統を受け継いだ現代の名工です。

イメージ写真1987年、先代中村光山(こうざん)により
操業開始され、後に中村圭一氏が
その伝統的な技法を受け継ぎ、
錫の良さを活かした製品作りを
続けている工房が、錫光です。

錫光に受け継がれている轆轤(ろくろ)引きとは、
錫を轆轤に固定し、鉋(かんな)をかけて
削りながら精巧に仕上げていく手法で、
古くは奈良時代中期に開発された技法と
伝えられています。

製法もさることながら、伝統的な意匠も大事に守りつつ、
一方で、今の時代にあったものづくりも心掛け、
異業種の職人とのコラボやプロダクトデザイナーとの交流にも
積極的に取り組み、現代の生活様式の中にも溶け込めるような
錫製品を生み出しています。

<< 前▲ページトップ次 >>

錫製品の歴史と扱い方について

イメージ写真

●日本の錫酒器の歴史

錫師と呼ばれる錫を用いて酒器や茶器など、
さまざまな容器を作成する職人の技術は、
1200〜1300年程前の飛鳥・奈良時代に
中国から伝えられたといわれています。
茶が伝来した時の茶壷が錫器であり、
その後主に酒器に錫が利用されるようになりました。

錫は不純物を吸収する性質があり、水を浄化し、
おいしくするともいわれてます。
そのため、関西では井戸を新しく掘ると錫板を
放り込む地域あったそうです。
また、錫製の花器では、水あかが出にくく、
花が長持ちするともいわれています。
伝統的な錫製品の中でも代表的なものは、
神社仏閣で使用しているお神酒徳利です。
そのため古くは神酒徳利を「錫」と呼び、
転じて中身の酒も「すず」と
呼ぶようになったといわれています。

錫製品の扱い方

・錫は錆び止めに使われる金属です。
・柔らかい布で水洗いし、水滴が残らないように乾拭きしてください。
・汚れが目立つようでしたら、練り歯磨き粉や重曹を水で溶いたものを
柔らかい布につけ、磨いてください。
・金ダワシやクレンザーなどは使わないでください。

昔のご隠居さんは、錫の茶筒を慈しむように毎日手でなでていたそうです。
すると長い間に何とも言えない光沢が出たといいます。
毎日の生活で使いこんでいただくことが、錫にとっては最も良いことなのです。

<< 前▲ページトップ次 >>

伝統酒器で美味しく呑む。錫光(すずこう)錫の酒器シリーズ。

写真をクリックすると、拡大画像や詳細部分がご覧いただけます。

商品画像
ウィスキーカップ
(ツチメ)
商品画像
ぐい呑み
(椀形 ツチメ)
商品画像
ぐい呑み
(sazanami)
商品画像
ぐい呑み
(籐巻)
商品画像
sazanami酒器セット

<< 前▲ページトップ

買いたくなったら

<錫光>ウィスキーカップ(ツチメ)

価格: 6,480円(税込)
サイズ: 径39mm×高さ54mm、 容量約40cc
重さ: 約60g
購入数:

売切れました

ギフトラッピング可

カートに入れる

主な仕様と取扱いについて
・製品をご使用後、柔らかい布で水洗いし、乾拭きしてください。
磨き砂や金属タワシなど硬いものの使用は避けてください。
・汚れが目立つようでしたら、歯磨き粉や重層を水で溶き、柔らかい布にとって磨いてください。
・製氷室での長時間の保管は、破損の原因になりますので、ご注意ください。
・素材/本体:錫
・生産国/日本

ページトップヘ戻る

閲覧履歴

  • 閲覧履歴画像